« 敵か味方か | トップページ | 一期一会 »

粗暴な工作員の女親

11月19日夜。買い物の為にスパーDへ向かう途中、後ろから下の写真に映っている「0004」が追尾してくる。前回のブログ「アコさん」の部分に反応したようなナンバー。先回りしてスパーDの駐車場に入っていくところが見えた。ストーカーたちは行く先を知らされているのでいつものこと。私がスパーへ到着する頃は、彼らの性別と服装も見えた。この寒さになかに文字いりTシャツをきた母子。こどもは女子中学生ぐらい。夏からのTシャツ攻撃は、この寒さになると激減してやれやれと思いきや、季節はずれの文字入りシャツを久々に目にすることで、確実に工作員であることを確信。よって車のナンバーを携帯にて撮影。

P1000171_3

ここからが、ちょっと、いつもと違う。この30代の女、入り口付近で、なんと喧嘩を売ってきた。ストーカー女に怒号されるのは今回が始めてこと。隣りに住んでいる中国人女に触発されているむきもある。暇を持て余した集団ストーカーのこと、何かと此方の環境にあわせてくる。

「何、ナンバー映しているんだよ!逃げるなよ!」これが女が使う言葉なのだろうか。かなり長々と私に付きまとってこの他にも何やら耳元で叫んでいた。(TVでやっていたそうだが、もっと人権弾圧のもっと厳しい中国の周曙光さんだって追尾してくるストーカー車両を携帯で映していたではないか。日本は公安はもっと悪質で人権弾圧が酷いということなのか)いかにも育ちがよくないのをまざまざと露呈したような行為。女であっても、喧嘩うるよう上からの指示が回ったのかも。自分で付きまとい、気持ちの悪いナンバープレートとTシャツをアンカリングしてTI(被害者)を刺激しておいてさらに、駄目押しの喧嘩までふっかけるか。自作自演もここまでやるかな。しかし下手な芝居には付き合う義理はない。私は完全無視といく。私は口を一切開かない。女のすごい声だけが店内に響き渡る。

「何、ナンバー映してるんだ?」:私は警察に相談しに行った時、ナンバーを控えるように、また証拠を残すようとの複数の警察官のアドバイスに従っているにすぎない。「逃げるのかよ!」:別に私は逃げてはいない。買い物はちゃんとして自分の目的は足している。この女工作員はストーカーついでの買い物をしに来たはずなのだが、店内ではついぞ見かけなかった。逃げたのはこの女工作員とその子供の方だった。自分の大声に恥ずかしくなって。店内に居たたまれなくなったらしい。

警備員には、「集団ストーカー」で話すとややこしくなるし、第一印象として不利益にもなりかねないので彼女らを「朝鮮の工作員に対抗する為の日本側の工作員」であることを絡めながら話すと何とか説明ができた。横田メグミさんとか拉致被害の事件の圧倒的な知名度を借りるわけだ。勿論、携帯の中の奇妙なナンバーの証拠写真を見せながら話すと大体、何事かと驚いて思ってやって来た警備員も理解してくれる。

1時間後レジで清算するときは、別な女工作員がついた。相変わらずシツコイ連中だ。そういえば叫んで店内で喧嘩うってきた女工作員の子供のほうは、ネガネを掛けて大人しそうだった。子供の教育には明らかに悪い。子供のこの親と同じ工作員の仕事するなら別かもしれないが。成長期にある子供の精神衛生にはどんな影響がでるのか追跡調査してほしい興味は若干ある。

ところでこのような工作員たちが、一斉に商品に文句をつけたらその数は苦情として数千件にもなろうかと思う。商品の回収も考えなければならない。しかし工作員とは嘘をついて工作する名前のとおりの行動をする。企業の大小に拘わらず、企業防衛のためにもこれら工作員たちの個人情報を民間レベルでも把握すべきなのではないだろうかとも感じる。見なし準公務員は公務員よりも遥かに統制はとれていない。パトカーの中で淫行する警官が世の中を騒がせるならば、もっと統制の取れてない工作員はさらに世の中を驚かせせる潜在的危険性をはらんでいるということだ。実際、工作員たちが起こした事件らしきもの調べてみれば、公務員たちの不祥事よりも悪質なものや未解決事件が浮かび上がってくる。治安上、工作員を使って社会のいたるところに細工を施していく姿はつくづく諸刃の刃(ダガ―ナイフ)なことだと思う。

|

« 敵か味方か | トップページ | 一期一会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よく集団ストーカー掲示板で見られる工作員のように、
やり取りしている論旨から離れて、個人対個人の勝ち負けであるような方向性に持っていく者がいますよね?その特徴は論旨から離れ子供じみた返答を返す。そのように日本人ではない他所の国ですか?と聞きたいやり取りしか出来ない感じです。
そんな程度の低い者といった感じが、あなたの示した女から垣間見れます。

僕の隣に住む創価学会員の母親は子供と一緒になって赤の他人の家中を盗み見る犯罪を犯しているのですが、
親が子供に犯罪を摩り込むなんて言語道断だと思いませんか?
こういった程度の低さは、己の非を認めず、犯している罪をまったく認識しようとはしないまま、個人対個人の勝ち負けであるかのような社会的通念から逸脱した思考をしています。そのまま創価の特徴ですよね。笑

投稿: 創○○○ | 2008年12月 1日 (月) 00時59分

写真に撮らなければ
この親子は、車で後ろからついてきただけでなく
買い物が終わった後レジで清算するときにも
後ろに嫌がらせで並びます。
私へのストーカー行為のパターンとなっています
犯罪行為をしている自覚が欠落しているのはいうまでもありません
その上に子供の前で、しかもスーパーという公共の場で
逆切れしたかのように振る舞い大声で
気の狂ったように叫ぶというのは
カルトのような集団的な洗脳状態になければ
無理なような気がします
確かに日本人には見えないような人は集団ストーカーに多いですね

投稿: wallenstein | 2008年12月 2日 (火) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 敵か味方か | トップページ | 一期一会 »